記念日に振袖を着る

記念日に合った振袖選び

記念日や結婚式に着たい振袖

振袖は一度は着てみたい着物です。そして未婚女性にしか着られない礼装でもあります。結婚をすると留袖が礼装となります。けれど、昨今では既婚者でも振袖を着たりしています。余り慣習に囚われない時代になったのかもしれません。色柄が美しく、記念日や結婚式に着ていくには最高の装いで、会場をより一層華やかにしてくれます。髪のセットに着物一式、履物等、準備は大変ですが、着付けを終えた後自分の姿にうっとりする女性も多い筈です。ブランドのスーツを着こなしている女性も美しいです。でも日本の和の文化は絶やしてはいけません。記念日には、伝統美である着物を大いに着たいものです。

晴れ舞台には後悔しない振袖選び

成人式は大人の女性になるための1つの通過点、大人記念日です。参加するもしないも個人の自由にはなりますが、必要な儀式だというのは覚えておきましょう。20歳というのは、大学生になっていたりもう既に社会人として働いていたりと今までの地元で生活していた所から少し外の世界に出たぐらいの年齢になります。改めて慣れ親しんだ土地で成人式に参加出来ることに感謝しましょう。また、晴れ着として振袖を借りたり、一生ものとして買ってもらったりすることもあるでしょう。そんなときに大事にしていただきたいのがたくさんの写真に残る振袖の色を妥協してほしくないということです。目立つのとおめでたい色として赤が毎年人気ですが、周りと同じで安心するより、自分らしさを感じられるのを選びたいですね。一生に一度の大切な記念日にしましょう。

↑PAGE TOP